営業代行ってどんな仕事?どどーんとまとめました

営業代行ってどんな仕事?

営業代行とは、その名の通り[営業活動を代行]してもらうことです。

新卒でも中途でも、とにかく新しく人を採用して営業に行ってもらうときに、まずどこにアプローチしたらいいのか悩んでしまうかもしれません。そんな時に役に立つのが営業代行会社です。

具体的にはどんなことをしてくれるの?

営業代行会社に依頼されるポピュラーな業務としては、テレアポして打ち合わせの日程をセッティングしてくれるというものがあります。これは成果報酬のことが多く、その場合はアポ一件につき規定の金額を支払います。それ以外にも、マーケティング部分のサポートや、営業に必要な様々なツールの使い方のレクチャー、営業しやすい仕組みの構築などもあります。こちらは固定報酬のことが多いようです。

他にも、最初から最後まで営業活動の全てを代行してくれるという会社もあるようです。依頼した会社に合わせて営業チームを構築して全てを対応してもらうとなると、営業部をまるまるアウトソーシングしているということになります。営業メンバーが足りない、育成に時間かかるなどというような場合は丸ごと依頼するという選択肢を取るのも一計です。

営業代行って効果あるの?

営業代行を依頼した場合、コンサルやツールのサポートなどを除けば効果は実際の売り上げやその伸び率と直結しますのでわかりやすいでしょう。但し、商談の数をゴールにした場合は注意が必要です。その後の成約、売り上げは自社の営業メンバーのスキルにかかっているからです。自社の状況を明確に見極め、必要なサポートを受けるようにしましょう。

会社の営業というと意外にも重労働です。しかし、営業代行を依頼することで不足しがちな営業マンの確保することができ、会社の収益アップにつながる可能性があります。