帳簿の作成は難しくなかった?青色申告もこれで完璧!

複式簿記の記帳で特別控除額を増額する!

青色申告の最大のメリットは青色申告特別控除額であり、この控除額は通常10万円となっています。しかし、一般的な複式簿記の記帳をすると控除額は65万円まで増額されます。そのため、青色申告をする際は必ず複式簿記で記帳するようにしましょう。

複式簿記ではどう記帳すればいい?

複式簿記では、現金主義ではなく発生主義で記帳します。簡単に言えば、実際に収入を受け取ったり支出をした時に売上や費用を計上する方法が現金主義であり、実際に収入や支出があったわけではないが、それらが確定した時に売上や費用を計上する方法が発生主義です。例えば、商品を売ったりサービスを提供して収入を得る場合、取引先に請求書を発行すれば収入が確定するため売上に計上しなければいけません。従業員に給与を払う際に、月末締め翌月払いなど月をまたぐ場合は給与が確定する月末に費用を計上します。なお、商品を売ると同時に現金を受け取った場合や交通費を現金で支出した場合などは、その日付で売上や費用を計上します。

記帳する帳簿にはどんな物がある?

青色申告で必要な帳簿は総勘定元帳と仕訳帳です。前者は取引の内容を売上や給与といった勘定科目ごとにまとめた帳簿であり、後者は取引の内容を日付順にまとめた帳簿を言います。実際の記帳では、日々の取引を仕訳帳に記載し、そこで使用した勘定科目の金額を総勘定元帳に転記する形で行います。また、取引の規模が多い場合は、現金出納帳や売掛帳などの補助簿を作成すると良いでしょう。補助簿は、勘定科目のうち取引先ごとに分類したものであり、例えば預金出納帳なら使用している預金口座ごとに作成し、売掛帳なら取引先の会社ごとに作成します。これにより個別の預金額や売掛金の残高を把握できます。

利用すると所得から青色申告特別控除が控除できます。白色申告よりも経費として認められる項目が多いので、その分節税が可能になります。