企業設立するなら知っておきたい一般的なパソコンと法人パソコンの違い

低コストでパソコンを手に入れたいときに

これから新しく企業を立ち上げる場合には必要と分かっていてもパソコンの購入費用がネックになります。パソコン自体の値段は安いもので5万円から高いもので15万円が目安です。この値段は一台買う程度であれば問題ない値段ですが、企業法人のように複数台揃えるとなると高額になってしまいます。そこでパソコンが必要だが購入費用を抑えたいと考えた時に利用してほしいのが法人パソコンのリースです。

一般のパソコンと法人パソコンの違いとは

法人向けパソコンがなぜ低コストなのかというと、それはオペレーティングシステムの著作権とアプリケーションソフトの削除とリサイクル費用の3つの要素が関係しているのです。オペレーティングシステムはパソコンが正確に動くためのプログラムのことですが、それが一世代前のものを設定されています。一般向けのパソコンが高いのは、そのオペレーティングシステムが最新のものを組み込んでいるので著作権分のコストが加えられているからです。そこで著作権の権利が切れた一世代前のプログラムを組み込んでおくことで著作権分のコストを削ります。一般向けはパソコンを作成している企業が安定して製品を作るために提携企業のアプリケーションを契約として組み込んでいるので加算されているのです。法人向けパソコンは使用した後やリサイクルなどで回収したものを再利用しているのでアプリを組み込む必要がなく、そのため仕事に必要なアプリだけを残して販売するので安くなります。法人向けは専門企業から借用するという形なので、使わなくなったら専用窓口に返す形なのでリサイクル費用もかからないのです。

BTOとは放送倫理・番組向上機構のことをいいます。「言論と表現の自由」を各放送局が守っているかチェックする第三者委員会のことをいいます。