読んでもらえる社内報を作る3つのコツを紹介

読み手の顔を意識した記事を作成する

社内報に掲載したい情報は、自分の興味のあることや知ってほしいことだけではいけません。自分にとっては重大なことで全員に知ってもらいたいということが他の人にニーズがある情報かどうかはわからないからです。読んでもらえる社内報を作るためには、社内報の向こうにいる読み手の顔を想像しながら作成することが大切です。社内報を読む社員たちにとって必要な情報は何か、興味のある話題は何かということをリサーチしてから掲載する情報を吟味しましょう。

情報を盛り込みすぎず厳選する

せっかく社内報を作るなら、盛りだくさんの内容にしたいと思うことは当然です。ですが、あまりにも情報が多すぎると、結局何が伝えたかったのかわからないという結果になってしまいます。おすすめは、掲載する情報に順位をつけることです。一番伝えたい情報から優先的に紙面をさき、順位の低い情報は、掲載を後回しにしたり掲載自体を取りやめにしてしまったりすることも一つの方法です。

デザインは足し算ではなく引き算で考える

良い情報がたくさん掲載されている社内報でも、見た目がごちゃごちゃしていたり、情報が拡散していたりしてまとまりがない内容だと、読む気がうせてしまうことがあります。特に、忙しい人たちにとっては、社内報は、時間のすき間で読めて、さっと内容が頭に入るレイアウトが重要です。見やすい社内報のためのレイアウトは足し算ではなく引き算で考えることがポイントです。つい、たくさんのデザインを盛り込んでしまいますが、それでは全体がまとまりがなく雑多な印象になってしまいます。少しずつ整理していくことですっきりとしたレイアウトにすることができます。

社内報は企業の最新の情報を伝える方法として用いられ、チェックして行動するように心がける必要があります。