知っておきたいSPIを受ける意味と受験前に注意すること

どうしてSPIを受けるのか

SPIとは「適正検査」と呼ばれ、採用面接を行う企業が応募者に、どのような仕事の適正があるのか・人柄の傾向をつかむ・長短所といった能力の把握、といったことを目的に実施するものです。これはリクルートキャリア社が開発したもので、このSPIを受けるとたくさんの質問や計算問題がされます。その質問や問題を一つひとつ答えていくことで、適正や性格が見えてくるような仕組みになっています。計算問題に全問正解することが、良い結果になる検査ではありませんのでご安心下さい。

SPIを受けるには4つの方法で行われる

SPIを受けるには4つの方法があります。Webテスティング、テストセンター、ペーパーテスティング、インハウスCBTとありますが、それぞれ企業によってどの方法が取られるかは違います。Webテスティングとは、自宅のパソコンなどを利用して受験する方法です。インターネットがつながる環境であればどこでも好きな時間に行うことが出来ます。テストセンターはSPI専用の会場がありますので、その会場で受験する方法です。ペーパーテスティングは、マークシート形式になった紙媒体のテスト用紙に記載していく方法で、インハウスCBTとは、採用面接を受ける企業が用意した会場に出向き受験する方法です。

SPI検査を受ける前に注意しておきたいこと

SPIは、学校のテストの成績で順位をつけるものではなく、出題される問題を通して性格や能力を企業側が把握する検査ですので、変に緊張せず自然体で受験しましょう。これといってテスト勉強などもありませんが、計算問題も出題されますので、慣れておく意味でも、SPI検査の前に計算問題をしておくことは良いかもしれません。

適性検査でよく使われるSPIですが、その目的は、その人の人柄、仕事への適性、どのような組織が向いているかということです。