キャリアアップに繋がる社員研修を実施するには?

仕事上の問題解決に役立つ研修のテーマを決めよう

キャリアアップに繋がる社員研修を実施するうえで、人事担当者や各部署の管理職が意見を出し合って、なるべく実務に直結した研修を企画することがポイントです。特に、仕事上の問題解決に役立つ研修のテーマを決めることで、日々の仕事へのモチベーションを高めることができます。例えば、ビジネスマナーや企業法務、パソコンなどの事務や営業などの職種に欠かせない事柄を学べる研修については、新入社員だけでなく、中途採用社員や管理職など様々な立場の従業員にとって大きな魅力があります。また、研修効果を高めるために、一通りの研修を終えた従業員を対象にヒアリングを行ったり、自己評価シートを記入させたりするのも良いでしょう。

外部の優秀な講師に研修をお願いしよう

社員研修を担当する講師を自社で確保することが難しい場合には、多くの企業から支持されている研修会社を通じて、外部の優秀な講師に研修をお願いするという方法もあります。特に、経営や政治経済、環境など様々な分野の講師に研修をしてもらうことで、一人ひとりの従業員が飽きることなく研修に積極的に取り組むことができます。最近では、社員研修のトータルコーディネートを行っている研修会社の取り組みについて、多くのメディアを通じて紹介されることがあります。そこで、社員研修にふさわしい講師を選ぶにあたり、信頼できるメディアを使いながら、各地で実績のある研修会社のサポートの内容や料金、研修効果などをじっくりと比較することが大切です。

組織のマネジメントにおけるスキルを習得するための研修が、管理職研修です。管理職として、リーダーシップや部下の育成についての知識を学びます。