通販物流業務って委託できるの?選ぶときの秘訣は?

通販物流業務を委託するってどういうこと?

企業の中には通販物流業務を委託する企業も少なくありません。通販物流業務を委託するとは、商品の在庫管理・梱包・発送までを外注委託することです。メリットとして挙げられるのは、一定の資金で在庫管理から発送までを一手に委託できることでしょう。在庫管理における倉庫の使用料金や在庫の品質維持にかかる費用、また、梱包や発送にかかる人件費を考えると、委託できることによって費用を抑えられることはメリットが高いと考える企業が増えてきました。通販物流業務を請け負う企業は、倉庫を自社で保有しているため、倉庫の使用料金がかからないこと、梱包や発送への人材を避ける業務を行っていることが多いため、どちらにとってもメリットの高い委託業務となっています。

業務委託をする場合の選択肢として必要なことって?

自社で通販物流業務を委託する場合、依頼する企業を選ぶことが重要といわれています。ポイントとして挙げられているのは、梱包作業・発送作業が丁寧であること、在庫管理に定評があること、業務全体に信頼性があることといえるでしょう。実際に利用を考えている企業担当者の場合安さだけで選ばないように判断することが重要です。安さだけで判断することによって、梱包や配送業務に対して雑さが見られる可能性があるといいます。また、在庫管理に対して不安を抱く企業も少なくありません。通販物流業務は顧客の手に自社の商品を届けるための大切な仕事です。多少費用がかかっても、自社の商品を丁寧に取り扱ってくれる企業を選ぶことで、顧客からの信頼という中長期的な財産を手に入れられます。

通販物流が拡大して行くのに従って、システムの重要性が増しました。システムの進化によって即時出荷等が実現しました。

Continue reading “Make me happy”

知っておきたいSPIを受ける意味と受験前に注意すること

どうしてSPIを受けるのか

SPIとは「適正検査」と呼ばれ、採用面接を行う企業が応募者に、どのような仕事の適正があるのか・人柄の傾向をつかむ・長短所といった能力の把握、といったことを目的に実施するものです。これはリクルートキャリア社が開発したもので、このSPIを受けるとたくさんの質問や計算問題がされます。その質問や問題を一つひとつ答えていくことで、適正や性格が見えてくるような仕組みになっています。計算問題に全問正解することが、良い結果になる検査ではありませんのでご安心下さい。

SPIを受けるには4つの方法で行われる

SPIを受けるには4つの方法があります。Webテスティング、テストセンター、ペーパーテスティング、インハウスCBTとありますが、それぞれ企業によってどの方法が取られるかは違います。Webテスティングとは、自宅のパソコンなどを利用して受験する方法です。インターネットがつながる環境であればどこでも好きな時間に行うことが出来ます。テストセンターはSPI専用の会場がありますので、その会場で受験する方法です。ペーパーテスティングは、マークシート形式になった紙媒体のテスト用紙に記載していく方法で、インハウスCBTとは、採用面接を受ける企業が用意した会場に出向き受験する方法です。

SPI検査を受ける前に注意しておきたいこと

SPIは、学校のテストの成績で順位をつけるものではなく、出題される問題を通して性格や能力を企業側が把握する検査ですので、変に緊張せず自然体で受験しましょう。これといってテスト勉強などもありませんが、計算問題も出題されますので、慣れておく意味でも、SPI検査の前に計算問題をしておくことは良いかもしれません。

適性検査でよく使われるSPIですが、その目的は、その人の人柄、仕事への適性、どのような組織が向いているかということです。

Continue reading “Make me happy”