通販物流業務って委託できるの?選ぶときの秘訣は?

通販物流業務を委託するってどういうこと?

企業の中には通販物流業務を委託する企業も少なくありません。通販物流業務を委託するとは、商品の在庫管理・梱包・発送までを外注委託することです。メリットとして挙げられるのは、一定の資金で在庫管理から発送までを一手に委託できることでしょう。在庫管理における倉庫の使用料金や在庫の品質維持にかかる費用、また、梱包や発送にかかる人件費を考えると、委託できることによって費用を抑えられることはメリットが高いと考える企業が増えてきました。通販物流業務を請け負う企業は、倉庫を自社で保有しているため、倉庫の使用料金がかからないこと、梱包や発送への人材を避ける業務を行っていることが多いため、どちらにとってもメリットの高い委託業務となっています。

業務委託をする場合の選択肢として必要なことって?

自社で通販物流業務を委託する場合、依頼する企業を選ぶことが重要といわれています。ポイントとして挙げられているのは、梱包作業・発送作業が丁寧であること、在庫管理に定評があること、業務全体に信頼性があることといえるでしょう。実際に利用を考えている企業担当者の場合安さだけで選ばないように判断することが重要です。安さだけで判断することによって、梱包や配送業務に対して雑さが見られる可能性があるといいます。また、在庫管理に対して不安を抱く企業も少なくありません。通販物流業務は顧客の手に自社の商品を届けるための大切な仕事です。多少費用がかかっても、自社の商品を丁寧に取り扱ってくれる企業を選ぶことで、顧客からの信頼という中長期的な財産を手に入れられます。

通販物流が拡大して行くのに従って、システムの重要性が増しました。システムの進化によって即時出荷等が実現しました。

Continue reading “Make me happy”

知っておきたいSPIを受ける意味と受験前に注意すること

どうしてSPIを受けるのか

SPIとは「適正検査」と呼ばれ、採用面接を行う企業が応募者に、どのような仕事の適正があるのか・人柄の傾向をつかむ・長短所といった能力の把握、といったことを目的に実施するものです。これはリクルートキャリア社が開発したもので、このSPIを受けるとたくさんの質問や計算問題がされます。その質問や問題を一つひとつ答えていくことで、適正や性格が見えてくるような仕組みになっています。計算問題に全問正解することが、良い結果になる検査ではありませんのでご安心下さい。

SPIを受けるには4つの方法で行われる

SPIを受けるには4つの方法があります。Webテスティング、テストセンター、ペーパーテスティング、インハウスCBTとありますが、それぞれ企業によってどの方法が取られるかは違います。Webテスティングとは、自宅のパソコンなどを利用して受験する方法です。インターネットがつながる環境であればどこでも好きな時間に行うことが出来ます。テストセンターはSPI専用の会場がありますので、その会場で受験する方法です。ペーパーテスティングは、マークシート形式になった紙媒体のテスト用紙に記載していく方法で、インハウスCBTとは、採用面接を受ける企業が用意した会場に出向き受験する方法です。

SPI検査を受ける前に注意しておきたいこと

SPIは、学校のテストの成績で順位をつけるものではなく、出題される問題を通して性格や能力を企業側が把握する検査ですので、変に緊張せず自然体で受験しましょう。これといってテスト勉強などもありませんが、計算問題も出題されますので、慣れておく意味でも、SPI検査の前に計算問題をしておくことは良いかもしれません。

適性検査でよく使われるSPIですが、その目的は、その人の人柄、仕事への適性、どのような組織が向いているかということです。

Continue reading “Make me happy”

読んでもらえる社内報を作る3つのコツを紹介

読み手の顔を意識した記事を作成する

社内報に掲載したい情報は、自分の興味のあることや知ってほしいことだけではいけません。自分にとっては重大なことで全員に知ってもらいたいということが他の人にニーズがある情報かどうかはわからないからです。読んでもらえる社内報を作るためには、社内報の向こうにいる読み手の顔を想像しながら作成することが大切です。社内報を読む社員たちにとって必要な情報は何か、興味のある話題は何かということをリサーチしてから掲載する情報を吟味しましょう。

情報を盛り込みすぎず厳選する

せっかく社内報を作るなら、盛りだくさんの内容にしたいと思うことは当然です。ですが、あまりにも情報が多すぎると、結局何が伝えたかったのかわからないという結果になってしまいます。おすすめは、掲載する情報に順位をつけることです。一番伝えたい情報から優先的に紙面をさき、順位の低い情報は、掲載を後回しにしたり掲載自体を取りやめにしてしまったりすることも一つの方法です。

デザインは足し算ではなく引き算で考える

良い情報がたくさん掲載されている社内報でも、見た目がごちゃごちゃしていたり、情報が拡散していたりしてまとまりがない内容だと、読む気がうせてしまうことがあります。特に、忙しい人たちにとっては、社内報は、時間のすき間で読めて、さっと内容が頭に入るレイアウトが重要です。見やすい社内報のためのレイアウトは足し算ではなく引き算で考えることがポイントです。つい、たくさんのデザインを盛り込んでしまいますが、それでは全体がまとまりがなく雑多な印象になってしまいます。少しずつ整理していくことですっきりとしたレイアウトにすることができます。

社内報は企業の最新の情報を伝える方法として用いられ、チェックして行動するように心がける必要があります。

Continue reading “Make me happy”

身近にある電気製品から自作のヒントを得よう

オーブントースターの仕組み

オーブントースターと言えば、お馴染みの電気製品です。トースターで朝食のパンを焼く人も多いと思いますが、このオーブントースターはヒーターとタイマーを合わせている非常にシンプルな作りです。この仕組みを利用すれば調理器具だけでなく、素材を溶かして加工するための器具を作ることもできます。電気製品の自作では、同じような構造から全く別の製品を作ることもアイディア次第ですから、新しい何かを作りたいと考えている人には、格好の趣味にもなります。

冷やすための扇風機が…

モーターに羽根をつけて回転させれば扇風機になります。これも非常に簡単な仕組みで風がない場所に風を作り出すことができる優れものです。羽根の後ろにタンクを付けて冷たい風を作り出す冷風機も、水を温める装置を作ってしまえば温風機に改造できます。このような発想は自作ならではと言えるし、その可能性は無限大です。冷蔵庫や洗濯機、クリーナーに布団乾燥機などの仕組みを知ることは、新しい電気製品の自作の第一歩となるはずです。

携帯可能な電気製品!

テレビや電子レンジなどの電気製品は据え置き型ですが、エアーマッサージ器や低周波治療器は持ち運ぶことができる携帯型です。携帯可能のコンパクトな電気製品は、人気がありますから電気製品を自作するにあたってもお勧めです。自動鉛筆削り器があるなら、自動で消しゴムの粕を集めてくれるミニデスククリーナーなども面白いかもしれません。生活家電から得られるアイディアは豊富にあり、そこからヒントを得て新しい電気製品を思いついたという人も数多くいます。

プリント基板設計は仕上げる設計者の回路知識レベルの差により違いが出てきます。要望どおりに動くプリント基板を作成できる優秀な設計者を探すことが重要です。

Continue reading “Make me happy”

用途に合わせて注文できる!プロの業者に紙袋の印刷を依頼しよう!

ワンポイントの紙袋を製作するメリット

ワンポイントの紙袋は、色々なシーンで活用することができ、デザインにこだわることで、ビジネスからプライベートまで対応することが可能です。最近では、ワンポイントの紙袋の印刷を大量に発注できる業者の数が増えており、依頼先を決めるうえで、それぞれの業者の対応できるサービスの種類や料金システムについてきちんと把握することがおすすめです。一般的に、ワンポイントの紙袋は、一枚あたりの製作費用を安く抑えることができ、納期が早いというメリットがあります。また、業者によってはリボンや紐などをおまけで付けてくれるところや、髪質やサイズなどの希望にしっかりと対応してくれるところもあり、余裕をもって業者探しをすることが大切です。

デザイン性の高い紙袋を製作するコツ

デザイン性の高い紙袋を製作するにあたり、数多くの実績のある専門の業者にサポートをお願いすることが大事です。特に、複雑な模様を紙袋に取り入れたい場合には、業者によって追加料金が必要となることもあり、注文をする前に評判の良い業者の料金相場を調べておくと良いでしょう。また、紙袋にぴったりと合うデザインの選び方に迷っているときには、無料でデザインの相談を受け付けてくれるところや、テンプレート集を利用できるところに問い合わせをすることがおすすめです。なお、一度に大量の枚数の発注をする際には、製作に時間が掛かることもあるため、公式サイトを通じて業者ごとの顧客対応のポイントを確認しておきましょう。

紙袋の印刷を発注するなら、いろんな柄にも対応出来てフルカラーで安価、そして納期が短い会社がおすすめです。

Continue reading “Make me happy”

法人向けパソコン?どれを選べば適切なのか知っておこう

用途をしっかり決めて購入する

パソコンを使用する仕事と言っても複数のものがあります。たとえば事務処理をする方とクリエイティブ系の仕事をする人がいるので、用途に応じたものを購入するのが基本です。事務処理の仕事だと会計ソフトといった動作の軽いものを使う場合が多いと言えます。そうなるとクリエイティブ系の仕事で使用するパソコンではハイスペック過ぎて持て余してしまうのが現実です。

ハイスペックのパソコンだと値段がかなり高く、購入してもフルに機能を使わないなら損をしてしまうと言えます。まずは自分がどういう用途で利用するのかを考えて最適なCPUやメモリといった部分を選びましょう。

使う場所を想定するのが大事

法人向けパソコンは大きく分けるとデスクトップとノートパソコンが用意されています。デスクトップはオフィスで使用するもので、ノートパソコンは外出先でも使えるのが特徴です。外で使用することが多い、出張で使う場合はノートパソコンがおすすめと言えます。購入するときは薄型で軽量、持ち運びもしやすいものだと使い勝手が優れていると言えるでしょう。

デスクトップ版はスペックのやや高めの物が多いのでクリエイティブ系の仕事に向いています。持ち運びはできませんがカスタマイズが可能なので用途に応じてスペック調整できるのが魅力です。画面のサイズですが持ち運びをするなら10インチくらいのものがいいといえます。最近だとキーボードと画面が取り外せるタブレットパソコンもあるので選択肢に入れてみましょう。

ビジネスパソコンは用途が限られてくる事から、インストールされているアプリやオフィスソフトが少なめの製品を選んでおくと、パソコンの動作が重くなる事はないでしょう。

Continue reading “Make me happy”

企業設立するなら知っておきたい一般的なパソコンと法人パソコンの違い

低コストでパソコンを手に入れたいときに

これから新しく企業を立ち上げる場合には必要と分かっていてもパソコンの購入費用がネックになります。パソコン自体の値段は安いもので5万円から高いもので15万円が目安です。この値段は一台買う程度であれば問題ない値段ですが、企業法人のように複数台揃えるとなると高額になってしまいます。そこでパソコンが必要だが購入費用を抑えたいと考えた時に利用してほしいのが法人パソコンのリースです。

一般のパソコンと法人パソコンの違いとは

法人向けパソコンがなぜ低コストなのかというと、それはオペレーティングシステムの著作権とアプリケーションソフトの削除とリサイクル費用の3つの要素が関係しているのです。オペレーティングシステムはパソコンが正確に動くためのプログラムのことですが、それが一世代前のものを設定されています。一般向けのパソコンが高いのは、そのオペレーティングシステムが最新のものを組み込んでいるので著作権分のコストが加えられているからです。そこで著作権の権利が切れた一世代前のプログラムを組み込んでおくことで著作権分のコストを削ります。一般向けはパソコンを作成している企業が安定して製品を作るために提携企業のアプリケーションを契約として組み込んでいるので加算されているのです。法人向けパソコンは使用した後やリサイクルなどで回収したものを再利用しているのでアプリを組み込む必要がなく、そのため仕事に必要なアプリだけを残して販売するので安くなります。法人向けは専門企業から借用するという形なので、使わなくなったら専用窓口に返す形なのでリサイクル費用もかからないのです。

BTOとは放送倫理・番組向上機構のことをいいます。「言論と表現の自由」を各放送局が守っているかチェックする第三者委員会のことをいいます。

Continue reading “Make me happy”